任意売却物件とは


住宅を購入する際には金融機関で住宅ローンを組むことが多いです。当然住宅ローンは毎月返済していかなければいけないのですが、何らかの理由によって返済が困難になってしまう場合があります。金融機関は、債務者がローンの返済が出来なくなってしまうリスクの為に、物件に抵当権を設定することを融資の条件としています。ですので債務者が返済出来なくなった場合には、抵当権を実行して、競売によって強制的に物件を売却する手続きを始めます。
しかし競売で売却することには、不都合な点もあります。競売の手続きは裁判所を通じて行うのですが、費用が発生しますし時間もかかってしまいます。また市場価格よりもかなり安い売却価格になってしまいます。このようなデメリットが発生する競売での売却以外に、任意売却という方法があります。
任意売却とは債権者の同意を得て物件の売却を行うのですが、競売に比べて売却価格を高く設定出来ますし、売却までの時間も短くなります。売却価格を高く設定出来ると言うことは、債務者にとっては残債をより多く減らせることが出来ますし、債権者にとってはより多くの債権を回収することが出来ますので、双方にとってメリットがあります。またより多くの債務を返済することによって、その後の残債の返済方法について、債権者が交渉を受け付けてくれる可能性があります。さらに任意売却に関する費用や、引渡し時期、引越し費用などについても交渉することが可能です。