今年もバレンタインデーが近付いてきました。毎年かわいいバレンタインチョコがたくさん出できますよね。

2018年のトレンドはさらに見た目がかわいいチョコレートが人気。

それは何故か…昨年流行語大賞を受賞した「インスタ映え」の影響です。SNSに「フォトジェニック」なチョコレートの写真をアップして「いいね」を送りあうことがトレンドになりそう。

またカカオの成分が高い板チョコレート・カカオにこだわったオリジナルのチョコレート、ビーン・トゥ・バーもさらに進化し今年のバレンタインのトレンドとして注目されています。

 

 

フォトジェニックなチョコレート

 

 

 

 

 

 

フォトジェニックといってもただかわいいのかといったらそうではありません。

どんなチョコレートがフォトジェニック、インスタ映えするのかご紹介いたします。

 

そもそも「フォトジェニック」・「インスタ映え」って?

2017年の流行語大賞に選ばれた「インスタ映え」。

フォトジェニックとは「写真映えする」という意味があり、写真や動画を投稿するSNSのインスタグラムに投稿した写真が映えることを「インスタ映え」といいます。

この二つの言葉は同じような意味でも使われます。

 

2018年インスタ映えするチョコレートは?

 

 

 

 

 

 

今年のトレンドとして出ているのは高価なチョコレート。

おしゃれ感もあるのでインスタ映えに最適なチョコレートです。

ゴディバ(Godiva)/ジュエリーキープセイク

バレンタイン限定のチョコレートはダイヤモンドのカット面のような形で色もキレイなグリーンのホワイトチョコ、ストロベリーが入った赤いハートのチョコなど彩りがあり、パッケージはシャンパンゴールドの上品かつ高級感のあるものになっていますのでインスタ映え間違いなしです。

 

ピエールマルコリーニ(PIERRE MARCOLINE)/バレンタインセレクション

今年はタツノオトシゴを模ったチョコレートや、赤くとても美しいハートの一粒チョコなどを真っ赤なハートのボックスに詰め合わせたものになっています。

キレイな色味はインスタ映えも期待できますね。

 

モロゾフ(Morozoff)/モンクール

薔薇が描かれているおしゃれなパッケージはピンク、イエロー、ブルーの3色。中のチョコレートもパッケージによって形、味が違うので迷ってしまいそう。

可愛らしいチョコレートから大人なチョコレートまであり、どれもインスタ映えしそうです。

 

マイネローレン(Meine Rollen)/アストロノミ―チョコレート

銀河系の惑星をイメージして作られているチョコレートはどれもカラフルで綺麗です。

食べるのがもったいないくらいの美しい柄はインスタ映えに最適なチョコレートとして今年はさらに人気がでるのでは?!

 

 

フォトジェニックな写真にするには背景や光も大事

 

 

 

 

 

 

背景や光り入り方などを工夫すると、さらにフォトジェニックな写真に仕上げることができます。

 

背景、撮る角度に気を付ける

 

 

 

 

 

 

見せたいものにだけ焦点をあてて背景をスッキリさせると印象的な写真になります。

また真上から撮ってみるのもおすすめ。その際は構図を工夫して撮ってみましょう。

 

自然の光が入るところ

光の入り方で印象がだいぶ変わります。蛍光灯と自然光ではやはり自然光の方が綺麗に撮ることができます。

昼間の太陽と夕日でもまた違った印象になりますよね。

チョコレートだけでなく光の捉え方がマスターできればフォトジェニックな写真に仕上がります。

 

 

ビーン・トゥ・バーも今年のトレンド

冒頭でもお話ししたビーン・トゥ・バー。ビーンはカカオ豆、バーは板チョコ(チョコレートバー)のことです。

カカオ豆を仕入れ・焙煎・粉砕・成型するまでの全行程を一つの場所で行うことをいいます。

カカオ成分が高いものや100%オーガニックの材料を使用して作るものなど、作り手のこだわりが詰まったチョコレートです。

今年はさらに美しく、そして香り高く進化したビーン・トゥ・バーが人気を集めています。

甘すぎないものも選べるので甘い物が苦手な相手に渡すチョコレートとしてもおすすめです。

 

 

 

2018年のトレンド、いかがでしたか?

今年はフォトジェニックなチョコレートがたくさんあるのでどれにしようか迷ってしまいそうですね。

大切な相手にも、自分にもチョコレートをプレゼントしてバレンタインを楽しみましょう。

あなたがときめくようなインスタ映えするチョコレートに出逢えるといいですね!